CROW'S Magazine       “こだわりの物作り日記”

<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

LAでオーダーしたブーツが届いた!

b0005757_2164518.jpg今年1月に、LAに行ったときに、カウボーイブーツをオーダーしてきました。
5月に出来上がる予定でしたが、6月になってしまいました。
この手のブーツは日本ではなかなか手に入らないので、アメリカに行ったときはオーダーしようと思っていました。b0005757_21112569.jpg












つま先と、かかとにどくろのマークがあります。そして、私のラッキーナンバーの13が入ってます。

出席番号が、なんと小学校から高校まで、ず〜と13番。それから、13が好きな番号に。b0005757_21212090.jpg














どくろの拡大です。革を切り抜いて、刺繍してあります。

私は足幅がDなので、アメリカではワイズが選べるので助かってます。
日本もワイズを選べるようになると良いんですけど。
b0005757_21244189.jpg














サイドに刺繍が施されてます。
刺繍が細かいほど、値段も高くなります。

プル・ストラップには、骨の抜きが。b0005757_2293198.jpg
















ここで、ブーツをオーダーしました。
Lucchese,Nocona,Libertyなどのブーツが揃っています。
また、ビンテージ、ユーズドも扱ってますよ。
マネジャーは、Mr.Xavierとても親切ですよ。
by crows_magazine | 2005-06-24 22:21 | ファッション

Blue Note TOKYO "LEE RITENOUR"

b0005757_20483843.jpgBlue NoteにLEE RITENOUR
のライブに行ってきました。

LEE RITENOURを初めて聞いたのは、18歳くらいで洋楽を聴きまくっていました。
ソウル、ロック、そしてフュージョンとジャンルは色々でした。

フュージョンはジャズやロックをミックスした音楽で、その頃やっていた、サーフィンとサウンドがマッチしていた。この後サーフ・ミュージックもジャンルとして出てきましたね。




最近のLEE RITENUORは聴いていませんが、ライブが楽しみ!
はじめて生で見た、LEE RITENUORは、ちょっと小柄な人のいいおじさんって感じでした。
ライブが始まり、LEE RITENUORのギターが、そしてサックス
Ernie Watts のパワフルなサウンド! 今回のライブで一番はサックスだった?
ベースのAbraham Laborielはおちゃめな感じ。
昔の曲も演奏してくれて、懐かしい感じが。ちょっと昔を思い出しました。

途中で、YAMAHAの新しいギターを引いていたが、そのサウンドは、僕ってきにはイマイチでした。

やっぱりライブは良いですね。とくにBlue Noteのように箱が小さくて、アーティストが間近に見られるのが最高!
Blue Noteのような、大人の楽しめる所が増えてほしいです。
by crows_magazine | 2005-06-22 21:26 | 音楽

Toy Saves Children

[Toy Saves Children]と言うチャリティーに参加します。

このチャリティーは、「Mummy the Rabbit」(フリフリカンパニー)のぬいぐるみを使ってアーティストがカスタマイズし、その作品を展示した後、ネットでオークションするものです。
オークションで落札された金額から実費を差し引いた金額をユニセフに寄付するそうです。

参加するアーティストは、キャラクターデザイン、ファション、ヘアーメイク、ジュエリーなど様々なフィールドで活躍している人たちです。

今回、CROW'S factoryも友人であるJAP工房の川上氏からの紹介で、参加することになりました。普段は定番のバッグを製作しているので、自由に一点ものを作るのは、とても楽しかった。

b0005757_10503133.jpg

ぬいぐるみの頭部を使って作品を制作しました。

素材はエクセーヌ(人工スエード)を使用。
エクセーヌですと接着するのに都合が良く、またスエードのように色落ちすることが少ないとの利点が。







b0005757_1101457.jpg
テーマは「LOVE & PEACE」。
ちょっと定番すぎますが、わかりやすいし、今回の[Toy Saves Children]にピッタリだと思い製作しながら自然と浮かんできました。












オモチャって、この歳になっても手に入れるととても楽しいし、子供の頃の記憶がよみがえりますよね。
今の子供にも、バーチャルじゃなく、手に取ってオモチャで遊んでほしい。
手で触れたものや遊んだものの感触は、結構憶えてるものです。

そんなわけで、CROW'S factoryも今回の作品は触ってもらうと、スエードの触り心地が記憶に残ると思います。

☆ DMを載せましたので、興味のある方は是非来てください ☆
b0005757_11151430.jpg

b0005757_11163146.jpg


日程:7月2日(土)〜10日(日) 
         7月2日オープニングパーティー
場所:FORET原宿4階 LAPENT SHIP
渋谷区神宮前1−8−10
時間:11:00am~9:00pm
入場無料

巡回展
日程:7月15日(金)〜8月21日(日)
場所:COMME CA COMMUNE 神南坂フレーム店
        渋谷区神南1−18−2
by crows_magazine | 2005-06-20 11:42 | アート


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Link
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧